スポンサーサイト

  • 2018.04.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Skypeレッスンについて

    • 2018.04.12 Thursday
    • 15:59

    Skypeでレッスンをやっています。

    なにはともあれ家を出なくても良いというのは電車賃もかからなくて良いし、

    雪国の人とか冬出るの大変だろうしっていうメリットはあります。

     
    とはいえ「その場所に行って実際に人にあって習う」というわけでは無く
    ある種の仮想空間でレッスンをやっているような感じはあるので人によっては
    緊張感が足りなくなるという部分はあるかもしれませんね。

     
    あとやはり多少のタイムラグはどうしてもあるので一緒に弾くことは出来ません。
    そういうSkypeではありますがレッスンを受けるメリットはとても大きいものがあると思います!
    なにより・・・情報のやりとりが双方向であること。
    今はインターネットである程度の情報は検索すれば出てきます。
    また、教則本などを購入すればやはり同じように情報を受け取ることは出来ます。
    ただこれらの情報は一方向だけであるのが問題であります。

     

    情報の出し手は相手の状況がわからないのでなるべく誰にでも引っかかってくれるように広く浅く情報を出します。 その中のいくつかが引っかかってくれれば良い。

     

     

    教則本を購入したけどその中の数ページ以外はタメにならなかったってことありません?

     

    あと・・・よく見かけるのは音楽理論など(特にスケールなどについて)に関して詳しくはなっているんだけど
    実際には使えないままな人ですね。

     

    所謂「頭でっかち」。

     

    これも情報のやりとりが無い一方向からの情報を受けた結果だと思われます。
    レッスンでは今の生徒さんの状況を見てこちらが何らかのアドバイスをして
    またそのアドバイスによって変わる生徒さんをみて次の対策を考える
    こういうことが出来ます。
    なるべく最も早い上達への近道をこちらも考えてアドバイスさせていただいております。
    とはいえその生徒さんの状況というのも生徒さん一人一人で色々違いますので
    上達への道もその生徒さんの性格から考え方なども踏まえた上でこちらも一人一人考えながら進んで行きます。
    さらに言うとこちらから「その生徒さんにとっては」難しいかもしれない課題も出したりします。
    こちらも生徒さんの情報が必要だからです。
    もちろんその課題はこなしていただければ生徒さんにとってものすごくプラスになることですが。
    次のレッスンまでにどれだけ進んでくれる生徒さんだろうか?とか
    その生徒さんのリズムの現在の取り方であるとか
    現在のピッキングだとか
    とにかく課題をやっていただくことでこちらがその生徒さんの状況を把握することはとても大事なことです。
    それによって次のアドバイスだとか課題とかを考えます。

     

    何年もやってるけど全然先に行けないとお悩みの方は是非一度レッスンを受けて見てください。

     

    お待ちしておりますよ〜。

     

     

     
    http://www.acoustic-art.jp/nao/skype_lesson.html

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM